SHOPページはこちら

水引工房花果の紹介

ご覧いただきありがとうございます。水引工房花果(みずひきこうぼうかか)です。
かかと呼んでくださいね♡

私は普段正職員として勤務しながら子育てをしています。
娘は5歳。甘えん坊ですがとてもかわいいです(←めっちゃ親ばかw)

そんな時間のなさそうな私が水引をやっているか。いえ、リボンもやっていますよ(そういうことじゃないw)

ありきたりな答えになりそうですが、水引が大好きだからです。
私にとって水引はお守りなんです。心の支え、癒しとも言えます。
水引を結んでいると心が穏やかになれます。このやろう!なんて思いながら結んでる人はいないと思いますがwww

水引自体の意味はこちら↓

水引自体の意味

花果が水引作家になるまで

2019年3月頃、ヒルナンデスの特集でハンドメイド作家の特集をやっていたんです。
私、もともとハンドメイドが好きでして。というのも、母がすごく器用で私の服やらなにやらをたくさん手作りしてくれたり、編んでくれたり。そんな環境下で育ちましたので、自然とハンドメイド好きに。待望の娘を出産して保育園に入園するときも、保育園のバッグやらなにやらを手作りしてそこからどっぷり。なんだ、自分にもできそうじゃん。そんな安易な考えでした。

そう、最初は水引ではなかった。むしろミシンw。そんなこともあってコロナが流行したときマスク作家に一時期なりまして、多いときは一か月約300個のマスクを製作し売り上げたわけですが。

最初にminnneに出品したのはもともと好きだったリボン。初心者が作ったものなので売れるはずもなく。そう、ヒルナンデスでやっているほどこの業界は甘くない。

また仕事の休憩中にヒルナンデスを見ていたら水引作家さんが出ていました。
ビビっときたんです。私がやりたかったのはこれだー!!!!!!

一度だけ水引体験をやって、そこから水引との生活が始まったのは2019年4月。もうぐちゃぐちゃにしかできなかったのに根気よく続けると結べる。そして調べると水引の意味やらなにやら私の大好物なことばかり。よし、水引作家になろう!と決めたのは2019年6月。いろいろハンドメイド販売をするにはどうしたらいいのかわからない私はストアカで講座を受けまくる日々。

屋号の決定

ストアカで受けた講座の一つに屋号はわかりやすい方がいいと言われました。
よし、私は水引作家で花と果物を中心に作ろう、そして私は母→かかぁ→かか。花果でかか!

と決めましたw。

パンドラのはことの出会い

フリマに出ても売り上げは出展料よりもマイナス。これじゃだめだと思い、委託販売へ手を出しました。それが神奈川県寒川町にあるパンドラのはこ。

いやいやする娘を抱っこしながら入ってみると、ニコニコのかじぃさんがそこに。ある程度調べたけど、なんかこの店長さんなら信頼できそう!という直感をもとになぜかその日に契約。そんなはずでは…w

たまたまたどり着いたパンドラのはこにはオンラインサロンがあり、作家の教育も行われていた。サロンメンバーになった私はかじぃさんの講座を受講し、知識をつける。そして今に至ります。

私が作家として活動できるように成長させてくれたのはかじぃさん。いつもありがとうございます💛
とても同い年とは思えないほどしっかりしてるんだよね。

今後の展開

水引を広めていく活動を続けたいのですが、一度やはり先生に教わりたい気持ちが強くなってきました。水引を知れば知るほど安易に扱えない、そういう気持ちになってきました。結び方によってはよくない方向の意味になってしまうから。
教わりたい先生は1月出産予定。教室も来春以降とのこと。さすがに目黒までしばらくいけなくなりそうなので、リモートがあれば早めに受講し、なければ当分受講しないかもしれません。そうなると当分私は水引のワークショップを開催できないかもしれません。

現在第二子妊娠中です。4月に出産予定。そのため4月以降の活動は未定になりますが、多分すぐなんかしらやるかと思います。今のところパンドラのはこに委託し続ける予定ではありますが活動の範囲は狭くなりそうです。

現在ヒーリングの勉強をしています。1月に講座が終わる予定です。11月の講座終了後他者ヒーリングができるようになるので、少しずつヒーリングの活動をしていきたいと思います。天然石のヒーリングの資格ですが、私は御守りである水引も組み合わせていきたいと考えています。